かもめビーチ号2016年01月11日

交流電化のイメージが強い北陸本線。しかし米原-敦賀間が直流化されて久しく、関西から223系の新快速が直通運転しています。
また去年は『特別なトワイライトエクスプレス』で、直流機EF65PFがまさかの敦賀乗り入れなど、趣きが変わってきました。

でも北陸本線の直流車乗り入れは、もっと古い歴史があったのです。しかも米原口ではなく直江津口なんです。今では第三セクター化されてしまって運転は事実上はムリでしょう。

それは長野から北陸本線の能生や谷浜まで運転されていた夏の臨時列車、快速『かもめビーチ』号。北陸本線直江津口は糸魚川-梶屋敷間に交流と直流の分岐点(セクションといいます)があり、その先直江津までは直流区間なので、信越本線から乗り入れの直流電車が走れたのです。

湘南色の169系や『あさま』色の189系、時には185系や元修学旅行用の167系も使われた記録が残っています。のち普通列車化されてからは長野色の115系も走ったようです。

また折り返しの都合でしょうか、交直セクションに迫る梶屋敷駅まで乗り入れたコトもあったと記憶しています。

今なら鉄がビックリ仰天しそうな列車ですが、国鉄の時代だったからこそ実現した列車だったといえるでしょう。

今日は日勤でした。明日も頑張りますか。

コメント

_ (未記入) ― 2016年02月17日 00時40分

はじめまして。コメントさせていただきます。かもめビーチ号は、小中学生の頃、直江津の北陸線沿いに住んでいたので夏季に見かけました。乗ったときは谷浜駅のホームが低く電車から降りるときの段差が印象的でした。この頃の北陸線は電車は特急、急行はディーゼル。普通列車はEF81+旧客が主体で、何でこんなところに急行電車(165系・サハシ付)が・・・?が最初の目撃でした。子供心に新鮮でしたね。梶屋敷の中線で折り返していました。今は痕跡だけです。そのうち189系や115系に代わっています。直流電車が谷浜や頸城トンネルに入る様子は鮮明に覚えています、写真があればなあと思いますがありません。懐かしい思い出です。松本→糸魚川→谷浜のさざなみビーチもあったんです(キハ55か58)。

_ くわやま ― 2016年02月17日 22時08分

コメントありがとうございます。

実はふと以前P誌で『かもめビーチ』号のコトが書かれていたのを思い出したのです。北陸本線の意外な記録です。
金沢在住のボクにとって、当時直流車両はどこか華やかなイメージがありました。485系や489系の特急以外は、地味な交直車ばっかり…。夏の間だけとはいえ、それこそヒマワリのようにパッと咲いたのが『かもめビーチ』号でした。

ボクも全く記録に残せず、今になって後悔しています。

北陸線を行く湘南色169系やあさま色189系…今ならとんでもないレアなシーンでしょうね!!三脚が林立するはず(笑)。

昔話にお付き合いいただき恐縮です。今後とも宜しくお願いいたします。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://nao-chan.asablo.jp/blog/2016/01/11/7988232/tb