青空と若葉と2017年05月19日

まるで秋のような、そして抜けるような青さが眩しい晴れの一日となりました。

しかし夜勤から帰ると午前中は用事が立て込んでて、結局一休みも出来ずスカイシップもお休みしなければならなくなりました。
先週も受けられなかっただけに、非常に残念…。

午後は予約しておいた竪町のNでカットとパーマ。ただ忙中閑ありで少しはカメラを構えるコトは出来ました。

新緑が眩しい四高記念公園。久しぶりです。

色いろいろ

いつの間にか、たくさんの色が公園を彩る季節に。今日もスマホで動画撮影に余念がない女子高生たち。

着地

描画を楽しむ人も見受けられました。

画家の風景

青空と若葉と

秋には見事な紅葉を見せてくれるアメリカ楓も、今は新緑真っ盛りです。実に爽やかな色合い。

日なた

広坂通りにも初夏の花。いずれ菖蒲かカキツバタか…。

アヤメorカキツバタ

今日のレンズはノクトン58mmを選択。開放近くのとろけるようなボケはマクロとは違った味わいです。

花のある風景

店先

デパ地下に寄り道して帰宅。明日はまた日勤だ…(泣)。

初夏を告げる色2017年05月18日

金沢は晴れが続いています。気温の数字よりも日中は陽射しもあって、それよりずっと暖かく、また汗ばむ位の陽気です。

通学の小学生たちも殆どが半袖。もう衣替えも近いですからネ。

庭に咲いたシラン

ウチの小さな庭にシランの花が咲き揃いました。数年前まではその姿すらなかったのに、いつしか株が増えたのか今年はめっきり増えました。

涼しげな色に初夏の訪れを感じます。

発掘した画像2017年05月12日

西から低気圧が接近しています。既に九州では記録的な大雨も記録していて、落ち着かない夜になりそうです。

さていつもなら金曜はスカイシップでYhイントラの初中級クラスを受けるんですが、母親が先日から微熱続きで体調を悪くし、検査のため病院へ連れていくコトになりました。スタジオへ向かうのは叶わず、お休みしました。

幸い入院など大事には至らなかったので、点滴の後で薬を処方してもらい、ウチで療養しています。

さて部屋の断舎離大作戦を絶賛敢行していたら、ドコへ行ったか判らず所在を諦めていたメディアが見つかりました。お宝画像をいくつか発掘出来ましたヨ。

元祖新幹線の0系です。新大阪駅で撮った山陽新幹線『こだま』。編成は短くなっていました。これがボクが見たラストシーン。既に300系の天下になっていたこの頃、どこか肩身の狭い思いが感じられて…その300系ですら、今は見られません。

最後の0系新幹線『こだま』

日勤だった頃の仕事帰りに、ふと立ち寄った線路際でやってきた列車にビックリ!!山陰地区で活躍しているキハ187系の新車の、メーカーからの自力回送に出くわしました。

キハ187系の自力回送

雨の日の夕暮れで慌てて後追い。今なら甲種輸送になるところですが、当時はこうして配置区へ向かっていたんですネ。

国鉄特急色のキハ181系『白馬アルプス』。

国鉄特急色『白馬アルプス』

この写真を撮った頃、既にキハ181系はアーバンカラーになってましたが、たまたま運用の都合で国鉄特急色車が組み込まれていたようです。
大阪駅で撮ったものですが、隣の大阪環状線は103系。駅も大改良前です。

京阪80形

京阪京津線の京都市交東西線への直通運転が始まると、それまで主に三条-四宮間を走っていた80形は引退を余儀なくされました。

これは浜大津駅の側線で保存車が留置されていた時のショット。錦織車庫へ移動する前だと思われます。てっきりもう逢えないと思っていたのに、たまたま浜大津でその姿を見るコトが出来ました。

過ぎ去った日々。記録が残っていました。

藤棚を見たくて2017年05月06日

汗ばむ陽気だった昨日までとはガラリと変わり、今朝は梅雨の奔りのような雨。肌寒ささえ感じる一日になりました。

さて昨日は午後もう一度お出かけ。藤棚が見頃を迎えている松任グリーンパークです。松任は平成の大合併で白山市の一部とはなってますが、市域が広すぎてまだ馴染めません。
我々鉄などは金沢総合車両所松任本所というより、松任工場といったほうがしっくりくるものですが…(笑)。

さてそれはさておき、今年も藤の花は人気の的でした。

下から見上げると

日当たりにもよるのかもしれませんが、こんなにフサフサに咲いているところも。いやあ見事ですネ。

藤棚~松任グリーンパークにて

イロハモミジの若い葉が瑞々しく感じられます。初夏の色が揃いました。

初夏の色合い

藤、ツツジ、カエデ

まるで滝のように降り注ぐかのような藤の花。周囲の若葉や同じく見頃のツツジが引き立てています。

美しい色合い

藤、ツツジ、カエデ

花に誘われてクマンバチもやってきましたヨ。でもご用心ご用心。

クマンバチの来訪

明日はまた晴れそうなんですが、黄砂も飛来するとか。気分までモヤモヤしそうです。

ツツジ咲く丘2017年05月05日

今日はお休み。子供の日です。例年なら日勤になってしまうところですが、ようやく改善が通りました。金沢は晴れて暑くなり夏日を記録。

のんびり過ごそうかなとも思っていたのに、この晴天を無駄にするのも勿体なくて、午前中は近すぎる位に近場(笑)の大乗寺丘陵公園で、見頃を迎えたツツジを撮ってきました。

青空とツツジ

もうかなり咲いていました。公園の入口ではコデマリも咲いてて、今回はちょっとメルヘン調に。

White Dream

広場ではいくつも連なったカイト揚げを楽しむ方も。まるでイベントのようでしたヨ。

カイトも揚がってた

鮮やか

近づいて楽しむも良し、少し引いてグラデーションを楽しむも良し。今年もキレイに咲き揃いました。

グラデーション

ツツジ咲く丘

前後のボケを生かしてホンワカしたムードの仕上げた一枚と、対照的に木陰に咲いてた紅いツツジをダーク目に仕上げた一枚。

Dark Color

ヤエヤマブキ

駐車場のスグ近くでは、ヤエヤマブキが鮮やかな色を見せてくれます。

午後は松任グリーンパークで藤の花を堪能してきました。その模様はまた明日お届けします。

今日も小松でヒコーキ撮り2017年05月04日

朝から晴れて暖かくなりました。昨日のどこかモヤモヤしていた空とは違い、スッキリした青空。

夜勤から帰り、小休止のあとは小松空港へヒコーキ撮りの続きに出かけました。今日はタイプチェンジやチャーター便など、普段と違うラインナップだったのです。まずは札幌からのNH1174便がB737-881(ex.JA81AN)でやって来ました。これはいつもどおり。

ANA B737-881

香港へのチャーター便はキャセイ・ドラゴン航空のA310-323(ex.B-HST)。出発が遅れてしまいました。

キャセイドラゴン A320-232

タワーに向かって「いって来ます」と呼びかけているかのよう。

いってきます

続いては羽田からJL189便のB737-846(ex.JA334J)。青空に真っ白の機体がよく映えます。ただ今日は露出補正が難しかったですネ。

JAL B737-846

今日の羽田からのNH755便はB787-881(ex.JA812A)がアサインされました。白山を望みながら、まもなくタッチダウン。

今日はB787が飛来

そして今日の主役、台北からのBR158便はA330-300ではなくB777-35E(ER)(ex.B-16726)にタイプチェンジ。風向きが変わったのかR/W24からR/W06運用になりました。スポイラーを立ててフルリバースする姿が勇ましいです。

フルリバース

エプロンに向かう途中、夕陽が機体を輝やかせました。鉄ならエロ光でギラリといったところ(笑)。

ギラリ

小松ではレアな並び

並んだ2機はお互い定期便なのにタイプチェンジ同士、という珍しい顔合わせが見られた今日の小松空港。

J.girlさん、YOSHIRJNKさんはじめ今日お会いした皆さん、ご苦労様でした。

久しぶりのヒコーキ撮り2017年04月30日

晴れたのに相変わらず風が強く、そのままフェーン現象になって金沢は27.5℃まで気温が上がりました。日中は半袖1枚で十分な位。もうそんな時期なんだなあと感じます。

さて今日は久しぶりにヒコーキ撮影。GWを中心に大韓航空の小松-ソウル(仁川)間の定期便が所定のB737-800/900からA330-300にタイプチェンジしているのです。また小さくならないうちに撮っておかないと!!

強い南風でR/W24運用。今日は空港近辺ではなく梯川の土手で。

ANA B767-381ER

先にやって来たのはNH751便のB767-381ER(ex.JA8971)。国際線から国内線に転用されたベテランの機体です。

まもなく着陸

梯川下流はボートの練習場としても親しまれています。今日も男女の数チームが汗を流していました。

ボート部の練習

遠くにランディングライトが見えました。KE775便はもちろんA330-323(ex.HL7709)です。

来たっ

空の青さと機体の色がキレイなコントラスト。小松では今しか見られないシーンなのです。

GW限定 大韓航空A330-300

たまにお目にかかります

小松空港R/W24へファイナルアプローチ。

今日は時間の都合でこれ以上撮れませんでしたが、また近いうちに同じく期間限定のEVA AirのA330-300も…と思ってます。

小休止2017年04月27日

昨日の雨は今朝にはすっかり上がり、爽やかな青空の一日。

気がつけばゴールデンウイークも目前。世の中が少しずつ慌ただしくなっていくのを感じたりもします。
まあボクはといえば、たまたまですが例年ほどの仕事ギッシリではなさそうなので、少しはのんびり出来るかとも思いますが、断舎離大作戦がまで途中なのでこの際勢いで一気に片付けてしまうつもり。

でも今日ばかりは家事に追われ、作戦は一時休戦(??)。

少女たちの楽園

たまたま見かけた、放課後の公園で遊ぶ少女たち。この子たちもしばらくすればスマホ世代になってしまうのかもしれませんが、こうして戯れる姿にどこか懐かしいものを感じてしまいました。

菊桜揺れる土曜の午後2017年04月22日

夜が明けると、どんよりした曇り空。午後には青空が広がるという予報なんてとても信じられない位で、夜勤から帰っても大して変わりません。

しかし午後になると途端に青空に変わり、それならばと菊桜の様子はどうかと尾山神社へ行ってみました。

拝殿向かって右に菊桜があります。でもまだ花はボチボチといったところ。

少し咲いてた菊桜

すっかり観光スポットになった尾山神社。彼女たちのひいたおみくじは如何に??

占いや如何に

数輪ですが菊桜は咲いてました。やや濃いピンクが印象的です。

金沢 尾山神社の菊桜

境内にはカエデなど新緑が急に勢いを増したようです。まだ花を残すカエデをシルエット風に撮ってみました。透き通る爽快な色合いはこの時期ならでは。

新緑

尾山神社の裏で、菊桜が咲いているのを見つけました。

花盛り

今年初めて青空の中で桜を撮れたような…。いつものソメイヨシノではないので良しとしましょうか。

青空と菊桜

陽射しの向こう

八重桜ほど濃い色合いでもなく、花弁も小柄でカワイイ菊桜。

土曜の午後

今日はこの時期としてはやや肌寒い一日でしたが、それでも陽射しは十分に柔らかく感じられました。

明日は日勤。

D3100にバッテリーグリップ2017年04月21日

ホントは晴れているはずなのに、空は薄い水色。それに雲も多め。春はこんな日が多かったかなと、今になって思いだしています。

午後はスカイシップでYhイントラの初中級クラスを受けてきました。コリオは金曜と同じで運動効果は十分、それに最近筋トレ(週1ですが…)を再開してから身体も目覚めたというか、以前よりも汗がドバーッと。

さて愛機Nikon D3100をこのほど思い切って買い替え…を断念(笑)。代わりにバッテリーグリップをつけてみました。

D3100にバッテリーグリップつけてみた

先日発表されたD7500がボクには期待外れだったのもあり、それならばとD7000とD3100をまだまだ使おうと決めました。

やはりD7500にはSDカードスロットが一つというのは、ここ一番といったシーンで不安が残ります。失敗も経験しています。
もともとボクはタテ構図が好きというのもあり、バッテリーグリップが設定されていないというのも気掛かり。D7500という選択は消えました。

ならばD500とサブ機にD5500という選択は…懐具合から考えても時期早尚。

それならD3100にバッテリーグリップというのもアリかと。これでメイン機でバッテリーグリップ装着のD7000同様、タテ位置の撮影がしやすくなるはず。

しかしD3100には純正のバッテリーグリップはありません。そこで社外品を探して見ると…あるじゃないですか。しかも安い!!

取り付けてみると…いいカンジです。エントリー機には見えません。

カメラ本体との接続はリモート端子を使うコトになるのでケーブル接続です。シューカバーを切り欠いて繋ぎました。さすがにセレクターとAE-L/AF-Lボタンはないので本体のを使いますが、鉄やヒコーキ好きなら定番の親指AFの設定をしているのが、タテ位置ではちょっと操作しづらいのが御愛嬌。

思えばD3100というカメラ、謳い文句の「優しさの中に本物の手応えがある」はウソではありませんでした。エントリー機でも手抜きがないニコンの姿勢が感じられ、カメラの楽しさを再認識させてくれました。

まだまだ現役機として頑張ってもらいましょう。