TOMIX 475系の加工2017年11月20日

朝、ようやく雨が上がり冬型の気圧配置も緩みました。いつもなら少しは晴れてくるところですがやっと曇り空になったかなといった程度。
次の気圧の谷がすぐ近くに迫っていて、午後にはまた雷雨になりました。

弁当忘れても傘忘れるな、よく言ったものです。

午前中はNゲージ鉄道模型の加工。北陸の鉄としてこれは持っておくべきだろうと以前中古で買った475系3両セット(TOMIX)。

出来るだけ国鉄時代の姿にしておきたいところですが、勝手に時代設定などを加えてカスタマイズ出来るのも模型ならでは。
JR西日本金沢支社に所属した475系・457系には晩年国鉄色になったものもありました。今回はそれに倣い実際は国鉄色にならなかった編成を「復元された」と想定して、好みの形態に仕立てました。

ベンチレーターは撤去されておらず、クモハの角形も2コついたまま。

TOMIX 475系の加工

実車がシャッター付タイフォン、検電アンテナがホイッスル内蔵で角形のクモハ475-51を含むA25編成がプロトタイプです。ただしクハ455-41は実車の製造時期が異なるので検電アンテナは円錐形。

あとは信号炎管を付ければそのまま国鉄時代ですが、列車無線アンテナを取り付けて今時の姿に。

キットの取説はJR東日本車のもの、冶具どおりだとJR西日本仕様にはなりません。475・457系は基本的にクハが助手席側、クモハが運転士側なので、実物誌を見ながら冶具をセロテープで固定、0.5mmのピンバイスで穴を開けて取り付けます。なおJR九州仕様はさらに位置が異なります。

クハのホイッスルは付属品がなく断念。

貫通ホロは実物通りクハに取り付けました。先頭台車にスノープロウも付けてクモハの水タンクや汚物処理装置も…最後にナンバーを転写して完成!!

…と思ったら、実車のクモハ475-51の列車無線アンテナは例外的に運転士側でなく助手席側なのが判明。こればかりはやり直しがきかず、やっぱり架空の「北陸線国鉄色復活タイプ」となりました。

工作の時間2017年11月11日

昨夜遅くなってから風が強くなり、未明になり急に雨風となりました。あまりの強さに目覚めた位です。

冬型の気圧配置、ずっと時雨模様でした。

午後、叔父がイトコを連れて父親の見舞いに来てくれました。最近は終日ベッドで過ごすようになり身体も弱りがちでしたが、久しぶりに兄弟、それに姪の顔を見られて元気づけられたようでした。

こんな天気なので今日は鉄コレ工作の時間。

先日マイクロエース製の長野電鉄2000系D編成のパンタグラフ交換に端を発し、この際鉄コレもパンタグラフ交換をやってしまおう、というコトに。
せっかくのディテール表現なのに、あの玩具然としたパンタグラフではもったいない鉄コレ。交換そのものはサクサク進みました。取り付け穴が大きめなものはボンド併用です。

そうするとまた気になるのが連結面間。鉄コレ純正カプラーをニッパーで切り詰めて解決です。新たにカプラーポケットを買い揃えなくて済みました。

せっかくなので京阪1900系はTVアンテナや列車無線アンテナも。「上級者向け」とありますが、一旦バラして屋根に1mmのキリをつけたピンバイスで取り付け穴を開けるだけです。あとは部品をランナーから切り取って、慎重に取り付けて完了。

そのうちKATO初期製品のEF58の端梁に手摺をつけようと、銀河モデルの部品は買ったものの…また次の機会だな。

禍を転じて2017年11月05日

冬型の気圧配置は朝には崩れ、代わって青空が広がりました。

母親は今日、デイサービスを受けている施設の紅葉ドライブに出かけました。夕方、すっかりゴキゲンで帰ってきて、送り出してよかったなと実感。

今日は少しのんびりしようと以前入線した鉄コレの中から、北陸鉄道6000系「くたに」と6010系「しらさぎ」を出してみたら、6010系Tc車の連結面側のカプラーがなくなってました。

製品のままではスプリングのない、いわば簡易アーノルドカプラーなので、いつのまにか外れていたのでしょう。

このままでは面白くありません。そこでずっと前に1両分だけ持ってたD-16(グリーンマックス)があるのを思い出し、ジャンク箱を探してみると…あるじゃないですか。まずMc車とTc車の連結面の台車を丸ごと交換。ただしセンターピンは元のトミーテック製を流用です。

こうなると交換しなかった両先頭部の台車の車輪がブラ製品のままなのが気になります。またまたジャンク箱の中から5.6mm車輪を所定数見つけ出して交換。一件落着です。

確かに足回りは見映えが良くはなりましたが、パンタグラフがトイ的なブラ製品なのも気になります。まあコチラについては在籍車両とも相談して、ぼちぼち進めていこうかなと思ってます。

りんご電車2017年11月02日

今日も金沢は秋晴れに恵まれました。冷え込みは昨日ほど厳しくなく、外は午前中から柔らかな雰囲気に。11月に入ったカンジがなかったです。

荷物が届きました。中身は小さなNゲージ模型の部品。パンタグラフです。

以前入線したマイクロエース製の長野電鉄2000系D編成、通称「りんご電車」ですが、同社の製品はパンタグラフがとても華奢に出来ていて、入線したその日に封を切ってパンタグラフを上げてみたら…早速壊れました。

以来不本意ながら休車となっていたところ、パンタグラフを他社製品に取り替えるプランが浮上、いろいろ調べてみるとTOMIXのPT-4212-Sが形態的に近いというコトで、早速取り寄せました。

TOMIX製パンタグラフはマイクロエース純正品に近い構造。付いていたパンタグラフを外し、元々の取り付け穴に合わせてみると、ほんの少しTOMIX製が大きくてそのままでは入りません。

そこで0.5mmのピンバイスで穴を少しだけ揉んで広げ、甘くなった分はゴム系接着剤で補います。これなら問題ありません。

長野電鉄2000系D編成「りんご電車」(マイクロエース)

長野電鉄2000系D編成「りんご電車」が蘇りました。

鉄コレのOSカー0系や、富山地鉄10020系、北陸鉄道6000系などと並べて、またニヤニヤしています。北信越の私鉄電車集合!!ってカンジで。

勢いでTOMIX製電気機関車の列車無線アンテナ取り付けも。取説には「上級者向け」とあるだけに無理かと思いましたが、意外と簡単でした。所定の位置にピンバイスで0.5mmの穴を開けるだけ。取り付けは接着剤併用。

今更ながら楽しい鉄道模型。

青い電気機関車~憧れ2017年10月28日

久しぶりに午後のんびりと、鉄道模型いじりを満喫。

日曜の反省から早速精密ピンセット(シモムラアレック「職人気質」)を購入、作業を再開です。勢いに乗って最近入線した電気機関車のディテールアップを済ませました。

目の前に子供の頃からの夢が実現。

青い電気機関車

前にも書きましたが、交流電化区間に住むボクにとって青い直流電気機関車は憧れの存在でした。いつの日か模型で実現したいと思いつつ半世紀(笑)。

右からEF65P(KATO)。昭和40年代後半の20系殿様「あさかぜ」を再現しようと買ったものですが、屋根のモニターは実車が晩年大宮工場で全般検査を受けていた頃の黒仕様です。

次はEF60 500番台(TOMIX)。パンタつきのカニ22を含む20系「さくら」に似合うカマです。実車はブルトレ牽引機としては短命、でもウチではこれから十分に現役です。

続いてはEF65F(KATO)。悲運の特急貨物機、いえいえ米原区時代に20系「日本海」を牽いた姿を再現しようと入線です。

その隣はつらら切りなしEF65PF(マイクロエース)と、ヒサシなしEF66(TOMIX)。なぜこの2両かというと、子供の頃通った模型屋さんのショーケースの中に、16番(たぶんカツミ製)のこの2両が並んでいたのが忘れられず、いつの日かという思いがやっとNゲージで再現出来たのです。
どちらもブルトレの先頭に立つ姿も似合いそうです。EF66だとヒサシつきの後期型じゃないと…と思いがちですが、国鉄時代末期に前期型も編成増圧対応に改修されてブルトレ牽いてましたから、それもアリかと…。

こうして鉄道模型に没頭出来たのは久しぶり。忘れかけてた時間。

老兵たち2017年09月09日

日中こそ30℃近くまで暑くなるものの、朝晩はめっきり涼しくなりました。今朝もスッキリした青空。

午前中コストコへ行ったらまだ開店前、店が開くまでの間に金沢総合車両所をちょっと覗いてきました。

そこにはかつての主役たちが、色あせて佇んでいました。

475系国鉄色

国鉄色の475系。すでにクモハ475の姿はなくモハ474とクハ455が415系800番台と連結されてました。

EF81ローズピンク

奥には先日の車両所の一般公開でも見られたというローズピンクのEF81が2両。ナンバープレートは外されていますが、106号機と108号機に間違いありません。

北陸路を駆けた老兵たち。懐かしい姿を見られました。

廃止路線を想う時2017年08月16日

今年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」を観るにつけ、思い出される鉄道路線が遠州鉄道奥山線。

昭和39年10月いっぱいで廃止されたこの路線は、ちょうど番組の舞台でもある井伊谷を走っていました。
モータリゼーションで姿を消した地方私鉄の路線が多い中、もしもこの路線が奇跡的に残っていたとしたら、番組ゆかりの地を訪ねる足として重宝されていたでしょう。

レールの幅は762mm。いわゆるナローゲージというやつです。奥山線の廃止後に1両のディーゼルカーが地元石川の尾小屋鉄道に移籍、こちらで再び路線廃止の日まで活躍していたのも知られています。

すっかり便利になった今の世の中、その陰で時代の流れに乗れず消えていった鉄道路線。ふと思い出してみたりします。

「ひろでん」の電車たち2017年08月03日

今日はお休み。真夏の陽射しが強かった一日でした。

午前中からの用事で#2と出かけたその足で、久しぶりのアイリーカレーハウスでランチ。月刊「金澤」8月号の表紙のカレーです。

以前広島を訪れたコトがありました。もちろん「ひろでん」こと広島電鉄が目的でした。懐かしい京都市電に再会出来た時の嬉しさは今でも忘れません。

もと京都市電1900形

最後に乗った京都市電は確か東山線だったかな…。江波の車庫には大阪市電も並んで休憩してました。

もと大阪市電2600形

こちらはもと西鉄の連接車。ひろでんカラーになってました。

広島電鉄3000形

己斐にいこう3100形。ひろでんオリジナル車です。そろそろ現役引退もささやかれているようです。

広島電鉄3100形

クリーンムーバー

ドイツからの輸入車「グリーンムーバー」こと5000形です。近年路面電車の人気が全国あちこちで復活しつつあるのも、この電車の功績でしょう。

広島電鉄3900形

超低床車前夜の電車たち。3900形と3950形です。後ろに見えるのは広島市民球場じゃないですか!!

広島電鉄3950形

今日は蔵出し画像というコトで。

広島は3日後、鎮魂の日を迎えます。

また由々しき事態2017年08月01日

今日の金沢はまた曇りがち。朝はパラリと雨が落ちました。そのせいか久しぶりに真夏日は回避したものの湿度が高くて困りもの。

どこか息苦しくも感じましたネ。

さて『SLやまぐち号』沿線から由々しき事態が伝わってきました。
既にご存じの方もいらっしゃるかとは思いますが、有名撮影地近くで鉄道施設の損壊が判明しました。

全く嘆かわしいばかりです。

以前も別の線区で撮影の邪魔になるからと木を切ってしまった、フェンスを壊したなど、鉄道ファンとしてあるまじき行為がありましたが、今回も同様、また悪質です。

こんな事件ばかりを繰り返しているばっかりに、いつになっても鉄道趣味は世間から健全なものとして受け入れられないのです。

犯罪行為をしてまで撮った写真には何の価値もありません。

走れデコイチ2017年06月26日

昨日は終日シトシトと雨でしたが、今朝は雨も上がり、また梅雨の中休み。

最近話題に事欠かないJR西日本。「トワイライトエクスプレス 瑞風」も好調なようです。各地で観光列車が人気を呼ぶ中、老舗と言えるのが「SLやまぐち」なのはよく知られています。

しかしメイン牽引機の貴婦人ことC57 1号機の負担も大きく、このほど京都鉄道博物館のD51 200号機が整備され、牽引の仲間入りをするコトになりました。

博物館の前身は梅小路蒸気機関車館。鉄道100年を記念して各地から引退する蒸気機関車の各形式をピックアップして一部は動態保存されてました。
子供の頃、父に頼んで開館間もない梅小路蒸気機関車館を訪れた時、その日の動態展示がこのD51  200号機だったのです。あの時のカマがこうして生きながらえ、再び列車の先頭に立つというのも感慨深いですネ。

実はその日、ホントに見たかったのは函館本線急行『ニセコ』を牽いていたC62 2号機。当時人気絶頂のカマでした。でも逢えなかったのです。

というのも、C62 2号機は蒸気機関車館開館のイベント列車「SL白鷺号」の牽引機に充てられていて、館を留守にしていたのです。幼心にちょっとガッカリもしましたが、それでも他の蒸気機関車の迫力に満足していたと思います。

帰路につく京都駅で、その「SL白鷺号」の到着がアナウンスされました。でも乗るはずの特急『雷鳥』もそろそろ着く頃。ダメモトで父親に「ちょっと見てくる!!」と列を離れ、C62の着くホームへ急ぎました。

やがてデフにつばめマークを輝かせ、12系客車の先頭に立つ雄姿が見られました。生まれて初めて見るC62。この邂逅は今も忘れられません。

急ぎ『雷鳥』の来るホームに戻り無事に帰宅出来たわけですが、この時の父のハラハラした気持ちは…今も複雑なものがあります。