桐と動輪2016年04月18日

伯父の葬儀が無事に終わりました。

ずっとボクのコトを「なおち」と呼び、我が子のように可愛がってくれた伯父。母親の実家ということもあり子供の頃は夏休みなどよく泊まりに行きました。
当時国鉄マンの伯父はボクが持って行った鉄関係の雑誌などを、晩酌しながら食い入るように読んでいたのを思い出します。特に「陸蒸気からひかりまで」なんかは数時間かけて…。

先に他界した祖母の話を一つ思い出しました。伯父の国鉄(当時はまだ鉄道省)入社の頃は、やはり庫内手からのスタートで連日の蒸気機関車磨きに明け暮れていたようです。もちろん真っ黒。
やがて貨物列車の車掌に登用されても真っ黒だった話ですが、戦後の北陸本線は貨物列車の1,000t輸送が始まったばかり。木之本-今庄間ではD51の三重連、倶利伽羅峠も改良前でE10が補機についていた頃です。
勾配区間で単線断面のトンネルには機関車の残した煙が充満して、乗務員には辛苦の連続でした。今では『サンダーバード』などが軽快に走りぬけてます。

国鉄がJRに変わった時、伯父は1週間泣き続けていたと聞きました。それだけ国鉄を愛していたのでしょう。今日の葬儀でボクは国鉄マンの証である「桐と動輪」をプリントアウトしたものを棺に忍ばせてあげました。
ボクに出来るコトはこんな程度でしたが、国鉄マンの誇りを持ったまま旅立って欲しかったのです。

伯父は旅立って行きました。カマは金沢機関区のエース、C57 5号機に違いありません。C57の1次形の中でも「SLやまぐち」で現役の1号機、かつて『かもめ』を牽いた11号機と並び称され、最後まで美しい姿を留めた名機です。

式場と斎場との道中には北陸鉄道石川線の踏切があります。車列はもちろんその踏切を渡らなくてはなりません。最期までレールと縁があったのだなと、ふと思った次第です。

さあ、湿っぽい話はここまでにしましょう。

夜はスカイシップで久しぶりにTuイントラの初中級クラスを受けてきました。リズムチェンジにターンにハイインパクトと難度も強度も結構あって、しかもキッチリ感も。中級や中上級のような派手さはなくても、十分にテンションは上がります。だいいち楽しめますよネ。

都合明日もお休みなんですが…なんか落ち着きません(笑)。

触れない本質2016年02月03日

今日は節分。豆まきに恵方巻にと季節の話題があちこちから聞かれました。夜勤から帰る時はまだフワフワと、しかし青空から雪が舞っていたのに、そのうち止んだみたいです。

夜はスカイシップでYhイントラの初中級クラスを受けてきました。新しくなったコリオは、つい冬場に溜めこみがちな脂肪を燃やすには至って効果的。適度な難度に高めの強度。もちろん体幹を要求されます。
1週目にしてあれだけ…さて来週以降もお楽しみですネ。

今朝からTV各局では清原選手の逮捕について取り上げてました。

覚せい剤の使用はもちろん犯罪です。しかし薬物依存という観点ではどうなのでしょう。どの番組も、どのコメンテーターも触れてはいませんでした。

薬物依存はそもそも犯罪ではなく病気なのです。脳が薬物のもたらす快楽を覚えてしまうと、やがて耐性が出来あがり量がどんどん増えてしまいます。結果薬物を求めてしまうのです。

その薬物がどんな種類のものかで、病気とみなされる場合もあれば、犯罪とみなされる場合もあるということです。麻薬や覚せい剤など違法性の高いものは犯罪である一方、堂々と法に触れないような薬物が大量に出回っているのも事実。

現役引退、指導者として球団から誘いがなかった、離婚…彼には薬物依存となる鍵がいっぱい重なったのでしょう。

単に犯罪者として非難するだけなら簡単です。しかし本質はもっと違うところにあったはず。2年も捜査していたなんて簡単に言いますが、それよりも救いの手を差し伸べるチャンスはいくらでもあったはず。彼自身も一人の患者として本当は助けを求めていたのかもしれません。

沖縄 慰霊の日2015年06月23日

相変わらず大気が不安定で、突然の雷雨が全国各地を襲っています。金沢は幸い思わせぶりに終わり、夕方には青空に変わりました。

夜勤を終えて帰宅。今日はのんびり過ごし、休養に専念。

今日6月23日は沖縄慰霊の日。太平洋戦争で日本で唯一地上戦があった沖縄で、その悲惨な戦いにピリオドが打たれた日です。一般にいうところの終戦記念日とは異なります。

小学生の時に日本国憲法の三原則の一つ「平和主義」それに憲法第九条について学びました。戦後30年にも満たない頃です、両親を含め戦争を経験した世代も多く、日本が平和を希求するのは当然だと知りました。
奇跡的に大きな被害のなかった金沢において、それでも物資や食糧が枯渇して食事もままならなかった母の話や、泊まりがけで軍需工場に駆り出された父の話、戦地に赴き帰らぬ人となった伯父たち、栄養失調で幼くして他界した、叔父となるはずだった父の弟の話…。

金沢では警戒警報ばかりで空襲警報は稀だったと聞いています。しかし沖縄では無差別攻撃により民間人の多くが命を落としたのです。想像のつかないような話です。それだけに心が痛みます。

あの戦禍を繰り返してはならないと、幼かったボクは学校で、家庭で学びました。それが今どうでしょう、国民不在のまま水面下で話が決まっていて、憲法の意味を強引にも変えようという動き。どうも矛盾しているように思えてならないのです。単にボクの憲法読解力がないだけでしょうか。

以前広島の平和公園、原爆資料館を訪れた時に思いました。国は国を守るのか、国家を守るのか、国民を守るのか。

戦後70年、まずは沖縄に向け合掌。どうぞ安らかに。

終戦の日2014年08月15日

朝からポツポツと雨。その後雨は一旦上がったものの、またフェーン現象になってしまい気温は一気に33℃に。

今日はお休みですが朝は職場で研修のため1時間ほど出勤。一旦帰宅したらまるで夜勤明けみたいな疲労感に襲われ、妙に調子が狂いました(笑)。急ぎ支度を整え、午後はスカイシップでYhイントラの初中級クラスを受けてきました。

コリオは先週と同じでしたが2週目とあって少し早目のコリオ展開、その甲斐あってメンバーさんの完成度も高かったようです。ラスト通しなんてスタジオじゅうピッタリ息が合っていたように感じました。ストレスなく動けて身体もスッキリ。

さて今日は終戦記念日。レッスン待ちの間、少し早めでしたがスタジオで静かに目を閉じ、黙祷を済ませました。

夜、珍しく父が終戦の頃の体験を話してくれました。父は終戦を学徒動員されてた今のコマツ粟津工場で迎え、伯父(父の兄)は美保の海軍航空隊で迎えたそうです。もっとも父は予科練に入れる年齢でしたが、その頃まだ身体が小さく入隊出来なかったとか。

30年ほど前、病気で他界した伯父。予科練へ行けなかった父。もし事情が変わっていたら二人とも戦地で最期を迎えていたかもしれません。今、ボクもいなかったでしょう。

ボクが子供の頃は、今に比べればまだ「戦後」だったのかもしれません。今当たり前のものが贅沢品で雲の上の存在でした。来年は終戦70周年の節目を迎えますが、終戦20年そこそこの頃とは世の中も変わったなあと、つくづく感じます。

変わってはならないのは、恒久平和への願いだけ。

気分は…ラストラン2014年06月30日

ここ数日続いた雨も今日はその心配もなく、代わって夏空みたいなカンジになりました。

長く続いた夜勤も今夜が最後。まるで夜行列車のラストランにも似た気持ちです。もしかしたら青い客車たちは今夜のボクみたいな、ちょっと寂しい思いで旅立って行ったのかもしれません。

といっても仕事が日勤に変わるだけで、そんなにセンチメンタルになる必要もないんですが…むしろ国際線から晩年国内線に転向したJALのB747-146Aや、ANAのB747-281みたいなものでしょうか。夜を徹して飛び続けたヒコーキが、日中だけの国内線に変わるみたいな。

ここまで支えてくれた#2、家族、仕事仲間たち…感謝しています。

未曽有の豪雨、深夜・早朝の大トラブル…今はいい思い出であり、いい経験になりました。幸い今夜は穏やかな天気のようで、胸をなでおろしています。

10年前、夜勤に就いた頃は慣れない夜の職場に違和感を感じたものです。みんな帰ってしまい、静けさの中でたった2人での仕事。トラブルが起こったらどうしようと不安になったこともありました。

今夜は、全部が走馬灯のように流れていきます。

さて仕事の話はここまでにして、先月の明治村への旅を「旅日記」にまとめました。こちらです。ご笑覧頂ければ幸いです。

お知らせです2014年06月23日

やや雲が多めながら、日中は爽やかな陽気になった今日の金沢です。この時期、お休みがこんな日だとホッとします。

午前中にスーパーなど買物を済ませ、午後はまずアクトスでHsイントラの中級クラスを受けてきました。

先週はあまりの疲れにエアロをお休みしてしまい、コリオがすっかり新しくなってました。しかも今週アクトスはオープン7周年記念イベントというコトで、このレッスンも「仮装エアロ」になってました。スタジオはメンバーさんの申し合わせで向日葵のアクセサリーでとっても華やか、また凝った演出の方も。ボクは…どノーマル(笑)。でもその分皆さんの頑張りを見せていただけました。Hsイントラも麦わら帽に甚平、それに虫アミと夏休み姿で登場!!

そのままスカイシップへ移動してTuイントラの初中級クラス。コチラもコリオが新しくなってました。リズムチェンジにターンにアームスなど難度も強度も高めで、すっかりいい汗。ストレッチの「味噌汁をフーフー」なんて例え方なんてさすがです。

さて、今日はここで一つお知らせがあります。

来月から約10年続いた夜勤に終止符を打ち、日勤に戻る事になりました。実は既に4月からの予定でしたが会社の事情により移動が遅れてしまい、しばらくそのままとなっていたのです。

10年前、慣れない夜勤に帰宅後はもっぱら寝るのが当たり前、翌年の夏には胃腸炎で約1ヶ月も下痢が続いた位です。体調管理もままならず困っていたところに、ある1冊の本に出会いました。ANAの国際線機長の方の、健康の秘訣が書かれていたのです。

時差も含めるとボクなんてまだマシなほう、どうやって…と不思議に思っていたら、仕事の後はスポクラでエアロを楽しみ、運動で体内時計ごとリセットしてしまうというものでした。当時エアロ歴数年だったボクには、これはピッタリだと思ったのです。

どのスポクラも今よりエアロの本数は多かった頃、日に何本も、スポクラも掛け持ちしてまで通ったものです。

この歳で昼のレッスン、やがて「あの人の仕事は??」とか「いつ寝てるの??」なんて言われたコトもありました。そりゃそうでしょう。いわゆる仕事盛りの歳で、まるで遊び人のように出没してましたから(笑)。

正月もGWも盆もない仕事ですが、平日の昼間がフリーになるのは逆に楽しみでもあったワケです。4年前、デジイチを買ってからはカメラの魅力をすっかり思い出し、2年前には両親の世話もそろそろ必要になって#2が職を辞し、生活スタイルに変化が訪れました。

日帰りが中心ですが2人で旅に出てみたり、また電車やヒコーキ、街撮りを楽しんだり。全国的な傾向とはいえエアロの本数も減ったのも一因です。逆に趣味の範囲が広がったかもしれません。

しかし齢五十を過ぎ、だんだんムリも効かなくなったなあと実感していたのも事実です。潮時だったのかも。

夜勤ではなくなるので、これからは平日夜のレッスンや休日のレッスンも休まず受けるコトは可能です。しかし平日昼のレッスンは休みを取らない限り、行けなくなってしまいます。

平日の昼は広い年齢層の方でスタジオが賑わいます。皆さんが実に楽しそうな表情でエアロを楽しまれている姿、最近は励みでした。そんな方々にお別れをお伝えしなければならないのが、残念でたまりません。と同時に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。また休みが取れたら、スタジオにお邪魔いたします。

今日は長文、申し訳ありません。

二階席2014年04月01日

今朝は放射冷却もあって3℃台まで気温が下がり、県内には霜の下りたところもあったようです。

そのぶん青空が広がった今日、金沢では桜の開花宣言が出されました。去年より1週間遅れたとはいえ平年より3日早いんだそうです。明日も晴れ、しかも気温もぐっと上がりそうなので、街のあちこちで春らしい光景が見られるようになるはず。

さて昨日運航を終えたANAジャンボ。もうタイムテーブルから「74P」の文字がないかと思うと、ボクも心なしか空虚感を憶えます。

ANAの「Thanks Jumbo」特設サイトはまだ健在ですが、HPからは機種やシートマップなどが既にありません。

特設サイトで「特別な感じだった」と表現されているジャンボの二階席、ボクが最初に乗ったのは新婚旅行の帰りの便の沖縄-大阪(伊丹)、そして初めてのスーパーシートでした。

もっともスーパーシートはB747SR-81スーパージャンボで実現したんですが、それ以前のトライスター導入時に構想があって、事実最前部のブロックのシートはスーパーシート仕様で納入され「広くて快適」と噂されていたものです。結局トライスターで国内線2クラス化は実現せず、シートも普通席仕様に替わり20席も増えました。その後導入されたスーパージャンボでも用意された「広い」二階席が、スーパーシートとして日の目を見たのです。

それから何度かB747SR-81のスーパーシートを利用しました。快適さと共に、階段を上がった空間は、正に「特別な感じ」だったと思ってます。今思うとJALのB747-146Aが晩年国内線を飛んだ時にスーパーシートを利用していたら、あの螺旋階段で二階席に上がれたのに…。

後に二階席が広くなった所謂「SUD」から二階席は国内線では普通席になってしまい、高級感は失われたものの別空間なのは同じでした。 東京の帰り、JAL便のB747-346(国際線仕様機)で小松に帰る折、二階席(普通席)をリクエストしたんです。

二階席だけで当時のYS11とほぼ同じ乗客数というのも驚きでしたが、やはり雰囲気は一階席とは違い、またその日は暮れていく機窓が特に美しかったのを憶えています。

そんな「二階席」を国内線で唯一満喫できたジャンボ。これもまた思い出になってしまいました。

さて本日HP「Mulberry Room」並びにブログ「Bootleg」が15周年を迎える事が出来ました。

少ないコンテンツから始めたHPですが、ここまで続けられたのも皆様のおかげと感謝しております。今後ともよろしくお願いいたします。

一つの時代2014年03月31日

昨日の雨は今朝には上がり、青空が戻った金沢です。今日はお休み、午後用事がてら出かけたので、久しぶりに駅西の金沢姉妹都市公園に寄ってみました。

花の季節にはまだ遠いのですが、白木蓮がそろそろ咲きそうな気配です。

白の花

白いちっちゃな花が連なるユキヤナギ。その花の色でふわっとした雰囲気を出してみました。

ユキヤナギ

もちろん梅も。少しピークは過ぎたようですが、ちょうどイイ咲きっぷりのもありましたヨ。

金沢姉妹都市公園で梅

ポメラニアンくん

「俊介くん」みたいなポメラニアンが公演をおさんぽ。カワイイです。お友達かなと思ったらウサギさんでした!!

ウサちゃんも

異国情緒

年度末。慣れ親しんだTVの番組がいくつか終焉を迎えました。

金曜に終わったTBS系「はなまるマーケット」は、末期になり人気をやや落としてしまったのが残念でしたが、各局ありきたりの時事ネタにとらわれず、生活目線の話題を取り上げていたのには、ボク個人的には好感を持ってました。
そして今日、CX系「笑っていいとも」が最終回。漫才ブームに生まれた「笑ってる場合ですよ」の後釜、まさか32年も続くとは思わなかったです。こちらは近年出演者同士の雑談とバカ騒ぎが目立ってしまい、番組離れを呼んだとも言えるでしょう。

夜はスカイシップでTuイントラの初中級クラスを受けてきました。昨日の絶不調から立ち直れていなかったのに一抹の不安、でもメインパート途中で何か吹っ切れたようにスイッチが入り、キチンと動くコトが出来ました。ふー。

今日はANAジャンボが那覇-羽田便を最後に定期運航を終えました。国際線、国際線の主力機として一つの時代を築き上げたコトは、誰もが認めるジャンボの大きな功績です。
小松-羽田線の国内線トップ10入りを果たせたのも、ジャンボの輸送力があったからこそ。また世界で一番短距離のジャンボ就航路線でした。

言いつくされた言葉かもしれませんが、ありがとうジャンボ。

Live at Honky House2014年03月21日

昨日の雨は夜半過ぎから霙混じりになりました。今朝は一時的に雪の降る時間もあったんですが、平地では積もるコトはなく夜勤から帰る頃には時々雨になった程度。

帰宅すると雨も上がってしまい、予報のような雪にはならず一安心。まあこんな事だろうと思ってFITのタイヤ交換を済ませたんですケドね。

今夜は徳光海岸近くにあるHonky Houseで行われたバンドのライブに行ってきました(許可を得て写真を掲載)。

Another Side of 14 on Fire

5組のバンドのうち、1組は知人が参加しているローリング・ストーンズ好きの集まり「MS-03'z」。曲はもちろんストーンズナンバーです。今夜のセットリストはコチラ。

  01. Jumpin' Jack Flash
  02. Tumbling Dice
  03. Brown Sugar
  04. Honky Tonk Woman
  05. Sweet Virginia
  06. Love in Vain
  07. Sympathy for the Devil
  08. Gimme Shelter
  09. (I Can't Get No)Satisfaction

なにしろ今月東京ドームでストーンズを観たばっかり。オープニングはドーム公演と同じ雰囲気(アノ曲です)という演出で、もう味わえないのかと思っていただけに、思わず泪…。
何度もドームでの記憶が重なりました。それほど今日の彼らのライブは完成度が高まってて、またストーンズとは一味違うオリジナリティも楽しめました。メンバーのみなさんに感謝です。

ストーンズが現在活動を一時停止しているだけに、想いも格別でした。

柱の中の彼ら2014年03月05日

昨日のライブの興奮を残して、金沢に帰って来ました。

低気圧の影響でヒコーキは結構揺れ、フライト中もサービスは行われませんでしたが、乗ったNH969便にアサインされたB787-8は昨日から近距離国際線仕様機(ex.JA803A)で、早めの予約が功を奏してビジネスクラスを堪能出来ました。

ライブに先立ち、ツアーグッズをゲットすべく午後の東京ドームへ行ったところ、既に長蛇の列。まあ覚悟はしてました。ドームからはリハーサルやサウンドチェックが行われていた様子で、ガンガン聞こえてくる音に知らず知らずに気分が盛り上がっていきました。

この時まだ開演まで4時間あったのに、ドームはたくさんのストーンズファン。

まだ開演前

一旦グッズをホテルに置いてこようと水道橋駅に向かって歩いていると、ちょうどツアートラックに遭遇!!
信号待ちのところをキャッチ出来ました。その瞬間、人だかりが出来たのは言うまでもないでしょう。

ツアートラックに遭遇

昨日はチケットぴあとauがコラボしたクリアファイルが無料で配られてて、ボク達ももらってきました。
クリアファイルは白地のものでしたが、別バージョンで黒地のもあるのです。それはぴあBOOKから出されたストーンズ特集号のオマケ。一旦は全部出てしまったようですが、昨日後楽園ホール入口近くで売られていたものにはその黒地のクリアファイルがついてました。再発したようです。

開演まで時間があまりなくて買えなかったんですが、今朝ネットでオマケ付きの特集号が発売になってたのでポチっと。近々届くでしょう(嬉)。

黒バージョンは、昨日のドーム入口の柱。初日はなかったと聞きました。

柱の中の彼ら

ミックとキース

終演後も余韻に浸りながら、この柱にみなさんカメラを向けてました。

今夜は夜勤。でも頭の中はまだライブ状態。