荒れる日々2017年11月24日

今日も外は大荒れ。

雨・アラレ・雪混じりそれに雷。分厚い雲の切れ間にちょっとだけ覗く青空。どこか不気味です。

午後はスカイシップでYhイントラの中級クラスを受けてきました。月のシメは早めのコリオ展開でじっくりメインパートを楽しめます。

その後、父親の主治医から病状について説明を受けてきました。

結果から言うと、芳しいものではありませんでした。複雑な心境。

止まない雨2017年11月23日

今日も雨が降ったり止んだり。朝なのに夕方のような暗さ。最近殆どこんな日ばっかりです。

午前中、ウチから20分ほどの辰口温泉総湯「里山の湯」へ行ってきました。加賀温泉郷といえば、加賀市や小松市にあるものと思いがちですが、能美市の辰口温泉もその一つです。

塩化物泉で体の芯から温まります。ちょっと贅沢な朝ブロを満喫。帰り道、可愛いパン屋さんを見つけました。

午後父親の見舞いに行くと、昨日よりは元気で一安心。そのあとは鉄雑誌やカメラ雑誌を求めて本屋さんへ。

カメラ雑誌ですが…もう「ガチンコ対決」みたいな記事、飽きました。もっともその言葉自体キライです。

カメラや写真の魅力を伝える努力してますか??

暖かな小雪2017年11月22日

連日朝の最低気温の更新が続いています。今朝は放射冷却もあって金沢は2℃台の冷え込み。県内では氷点下を記録したトコもあった位です。

しかし西から早くも気圧の谷が近づいて、だんだん南風が強くなってきました。数字の上では暖かくはなったんですが、陽射しがなかったので実感出来るものではなかったです。

午前中のうちに空は曇ってしまいました。夕方前からはポツポツ…。

今日は#2がエアロ当番で午後のスカイシップへ。ボクはEF58(KATO)初期製品の掴み棒取り付けにチャレンジ。なんとかして端梁に取り付け穴が開かないかと苦心惨憺。

結果から先に言うと、取り付けは断念しました。というのも初期製品の端梁にモールドされている掴み棒の根本そのものが小さく、端梁そのものも薄く出来ていて穴開けが厳しいのです。

また別の方法を考えるとしましょう。

夕方、母親を連れて父親の見舞い。今日は朝から発熱があったようで…一進一退が続きます。

やっと青空2017年11月21日

昨日の雷雨をもたらした気圧の谷は東へ抜け、やっと青空が広がりました。

今朝はのんびりおフロ。温泉の大きな浴槽や露天風呂はもちろん良いですが、小さくても気兼ねなく入れるのもまた格別です。

午後はアクトスでFsイントラの初級クラスとSsイントラの中級クラスを受けてきました。今日はボクがエアロ当番だったのです。
初級クラスはシンプルな動きの組み合わせ。続く中級クラスは難度をやや抑え、強度中心のコリオ構成。久しぶりの2本立ては、程よく身体に効きました。

ここ数日、北陸も1月並みの寒さが続き、ウチも灯油ファンヒーターやボアシーツなど真冬グッズを引っ張り出しました。

明日はもう雨になるとか(溜息)。

TOMIX 475系の加工2017年11月20日

朝、ようやく雨が上がり冬型の気圧配置も緩みました。いつもなら少しは晴れてくるところですがやっと曇り空になったかなといった程度。
次の気圧の谷がすぐ近くに迫っていて、午後にはまた雷雨になりました。

弁当忘れても傘忘れるな、よく言ったものです。

午前中はNゲージ鉄道模型の加工。北陸の鉄としてこれは持っておくべきだろうと以前中古で買った475系3両セット(TOMIX)。

出来るだけ国鉄時代の姿にしておきたいところですが、勝手に時代設定などを加えてカスタマイズ出来るのも模型ならでは。
JR西日本金沢支社に所属した475系・457系には晩年国鉄色になったものもありました。今回はそれに倣い実際は国鉄色にならなかった編成を「復元された」と想定して、好みの形態に仕立てました。

ベンチレーターは撤去されておらず、クモハの角形も2コついたまま。

TOMIX 475系の加工

実車がシャッター付タイフォン、検電アンテナがホイッスル内蔵で角形のクモハ475-51を含むA25編成がプロトタイプです。ただしクハ455-41は実車の製造時期が異なるので検電アンテナは円錐形。

あとは信号炎管を付ければそのまま国鉄時代ですが、列車無線アンテナを取り付けて今時の姿に。

キットの取説はJR東日本車のもの、冶具どおりだとJR西日本仕様にはなりません。475・457系は基本的にクハが助手席側、クモハが運転士側なので、実物誌を見ながら冶具をセロテープで固定、0.5mmのピンバイスで穴を開けて取り付けます。なおJR九州仕様はさらに位置が異なります。

クハのホイッスルは付属品がなく断念。

貫通ホロは実物通りクハに取り付けました。先頭台車にスノープロウも付けてクモハの水タンクや汚物処理装置も…最後にナンバーを転写して完成!!

…と思ったら、実車のクモハ475-51の列車無線アンテナは例外的に運転士側でなく助手席側なのが判明。こればかりはやり直しがきかず、やっぱり架空の「北陸線国鉄色復活タイプ」となりました。

やっぱり初雪2017年11月19日

今日も冷たい雨。それに日中でも夕方のような暗い空。

午後、雨に何か混じっているような気がしました。どうも雪のようです。昼のニュースで富山で今日初雪を観測したと聞き、もしかしたら…と思ったらやはり金沢も初雪でした。

去年より21日も早いようです。寒くなるのが早い時は逆に暖冬だという話もあります。

というのも、早くに寒気が出回ってしまうと、関心の真冬に寒気が途絶えてしまうからだと言われています。その通りになるといいのに…。

こんな日は温泉。浅の川温泉「湯楽」でゆっくり温まってきました。温泉を名乗っていますが実質銭湯です。湯涌温泉総湯も近いのでどちらにしようか迷いましたが、泉質など結果的にコチラが良かったかも。

冷たい雨2017年11月18日

朝からずっーーーーと冷たい雨。これじゃお出かけどころじゃありません。こんな日はなぜか寒く感じます。

それでも午後は用事がありちょいと出かけたんですが、さすがにこの天気では和服姿は見かけませんでした。しかし21世紀美術館の中は、通りがかりに見えただけでもチケットカウンターには長蛇の列。

夕方、今日も母親を連れて父親の見舞い。容態に大きな変化はありませんでした。

数日前までの予報では、明日の金沢は雪マークがありました。一応雨には変わったようですが、雨の中にチラリとでも雪が混じれば記録の上では「雪」となるようです。

明日は寒かった今日より気温が下がるようで、もしかしたら…。

山は白かった2017年11月17日

昨日までは早めの冬のような空模様でしたが、今日は時折晴れ間も覗き、冷たい雨も止みました。

ずいぶん近くの山々まで、頂が白くなってました。

午後はスカイシップでYhイントラの初中級クラスを受けてきました。コリオは先週と同じで質・量ともに十分な構成。我々メンバーはもちろん、イントラさんもレッスンを楽しんでいる姿は、それだけでテンションが上がり、また伝わってくるものです。

夕方、昨日からのショートステイから戻った母親を連れて、父親の見舞い。

父の手を握り、さすっては言葉をかける母の姿。精一杯の力を込めて手を握り返す父。その声は少しずつ細くなってきました。

加賀 山中温泉 鶴仙渓2017年11月16日

未明から激しい雷雨で何度も目が覚めました。まるで爆弾でも落ちたかのような雷鳴にはビックリです。

朝になっても夕方のような薄暗さ。北陸の冬はいつもこんなカンジ。

ようやく今日の午後には明るさも幾分戻り、紅葉を求めて山中温泉の鶴仙渓へ行ってきました。

こおろぎ橋

大聖寺川を渡る「こおろぎ橋」。紅葉の名所の一つです。

秋の色

渓谷と紅葉

だいぶ紅葉が進み、川面や周りの緑とのコントラストが見事です。ちょうど雨が止み、濡れて色濃くなったところを散歩出来ました。

今が見頃

色が変わり続けるカエデの葉。不思議な色合いに出逢えました。

加賀 山中温泉 鶴仙渓

紅葉の道

もう冷たい位の空気の中で、なおも晩秋を残すカエデの葉。

晩秋

雨と紅葉

雨上がりのカエデ。それでも盛んに色を競っています。見上げれば加賀友禅のように空が染まりました。

友禅のように

北陸鉄道 モハ6010系『しらさぎ』

コチラは道の駅「ゆけむり健康村」で保存されている北陸鉄道モハ6010系「しらさぎ」号。鉄としてはこの電車なしに帰るワケにはいきません。

後は片山津温泉に立ち寄り、総湯でゆっくり温まって帰りました。

今日は束の間の休息。

冬の音2017年11月15日

また冬型の気圧配置。寒気も入ってあまり気温も上がらず、時雨空。夜になって雷が轟き、一瞬雨がアラレに変わりました。

ブリ起こし、その間に不協和音のような雨。外はすっかり冬の音。

父親の容態が朝から思わしくありません。昨日は訪問看護で入浴出来て、晩ゴハンの寒ブリもペロリと平らげた位だったのに、今朝はどうにも…。

かかりつけの病院と連絡を取り、診察を受けたらそのまま入院と決まりました。

ここ数日、一緒に寝ている母親は夜中に何度も父の排尿で起こされ、睡眠不足を訴えていました。その事を母の主治医に相談すると、別室で寝かせるよう勧められていたのです。
どうしたらいいのか迷いましたが、今朝の父の様子を見る限り在宅看護は無理ではないかと感じ、父の主治医の診察結果に従おうと決めました。

結果的にこれで良かったんだと思っています。